木曽町観光協会

 |   English   |   簡体中文   |   繁體中文   |  한국어  |

アクセス情報

現在位置:Topの中のイベント情報から正調 木曽節
イベント

正調 木曽節

木曽のナァー なかのりさん
木曽のおんたけ ナンチャラホーイ
夏でも寒い ヨイヨイヨイ
袷ナァー なかのりさん
袷やりたや ナンチャラホーイ
足袋そえて ヨイヨイヨイ
心ナァー なかのりさん
心細いよ ナンチャラホーイ
木曽路の旅は ヨイヨイヨイ
笠にナァー なかのりさん
笠に木の葉が ナンチャラホーイ
舞いかかる ヨイヨイヨイ

木曽のナァー なかのりさん
木曽の名木 ナンチャラホーイ
ひのきにさわら ヨイヨイヨイ
ねずにナァー なかのりさん
ねずにあすひに ナンチャラホーイ
こうやまき ヨイヨイヨイ

三里ナァー なかのりさん
三里笹山  ナンチャラホーイ
二里松林  ヨイヨイヨイ
嫁ごナァー  なかのりさん
嫁ごよくきた  ナンチャラホーイ
五里の道  ヨイヨイヨイ

木曽のナァー なかのりさん
木曽の山寺 ナンチャラホーイ
今鳴る鐘は ヨイヨイヨイ
昔ナァー なかのりさん
昔ながらの ナンチャラホーイ
初夜の鐘 ヨイヨイヨイ

木曽のナァー なかのりさん
木曽の名所は ナンチャラーホイ
棧寝覚 ヨイヨイヨイ
山でナァー  なかのりさん
山で高いのは ナンチャラホーイ
御嶽山 ヨイヨイヨイ

踊ナァー なかのりさん
踊ましょでえ ナンチャラホーイ
踊らせましょぞ ヨイヨイヨイ
月のナァー なかのりさん
月の山端に ナンチャラホーイ
かぎるまで ヨイヨイヨイ

木曽でナァー なかのりさん
木曽で生まれた ナンチャラホーイ
なかのりさんは ヨイヨイヨイ
可愛ナァー なかのりさん
可愛がられて ナンチャラホーイ
みやこまで ヨイヨイヨイ

木曽おどり

大正7年(1918)、当時の木曽福島町長の伊東淳氏が、木曽踊りをもって福島町民をあげて盆踊りとして普及せしめようと考えてみずから率先して木曽踊り保存会を結成。
歌をととのえ、踊りも規格を正して、それの正しい伝承と普及に有志と共にはげんだ。住民はもちろん旅行者でも習得したいものがあれば指導し、学修を終えた者には「相許し候ことの木曽踊り」という免許状を発行している。

木曽節の由来について

室町時代の『閑吟集かんぎんしゅう』に「七月がおじゃれば木曽おどりはじめて、振りようおどろうよ、とかくおどらにゃ気がうかぬ」とあり、木曽踊りは古くから都にまで知られていたという。木曽踊りは、当時木曽谷一帯の村々で踊られていたもので、数十種の民謡や踊りがあった。木曽節はその代表的なもので、盆踊り唄として広く木曽一円で歌われていた。
木曽御岳山の麓に広がる広大な森林地帯は、木曽桧に代表される良材の産地として、室町時代後期から近世にかけて、夥しい材木が伐り出されたという。
木曽節は伊勢をはじめ、全国各地から入り込んだ杣人や、川を利用して材木を流送する日傭等によっても歌われ、即興的に歌われた歌は、あるものは消え、あるものは残って、全国各地に広まっていった。さらに大正時代に福島町長になった伊東淳いとうすなおは、木曽踊り司つかさと名乗り、その振興策として免許状を発行して普及につとめた。昭和になってレコードが発売され、昭和九年八月十四日には、木曽福島から盆踊りの木曽節が、NHKのラジオの電波に乗って全国に実況放送されるに及んで、全国的によく知られるようになった。この放送を聞いた作家の林扶美子は[十四日の夜の優秀なるものは、何といっても木曽福島より中継の木曽の盆踊りで、山間にこだまする「木曽のなー」という声は涼しくて何とも言えない渋い声ぞろいで、さっと涼風を感じました。(中略)木曽節は品がいいと思いました。夏分このような中継はうれしいです。]と感想を寄せている。

イベント
ピックアップコンテンツ
木曽町Movie
フォトコンテスト
旅の前にチェック!
木曽町へのアクセス
パンフレットダウンロード
御嶽山火山情報

木曽町観光協会 会員一覧  |  関連リンク  |  お問い合わせ  |  プライバシーポリシー  |  サイトマップ  |  木曽町  |

<木曽町観光協会>
〒397-0001 長野県木曽郡木曽町福島5084番地
TEL: 0264-22-4000 FAX: 0264-24-3500

Copyright(c) kankou-kiso.com all rights reserved.